味噌汁やご飯に混ぜて、栄養をプラス!

【埼玉県ふるさと認証食品】菊芋パウダー

【埼玉県ふるさと認証食品】菊芋パウダー

 

「健康は食にあり」をモットーに創業

埼玉県・深谷市でこだわり野菜の生産や、自家栽培の原材料を使った加工品を展開する株式会社ノウカス。代表の鈴木 孝幸さんは、長年勤めた外資系企業を退職し、趣味として取り組んでいた有機栽培に関する事業を2008年に立ち上げました。
大学時代、バイオテクノロジーを専攻していた鈴木さんがテーマとするのは、土中の食物連鎖の働きに注目し、健康で生命力にあふれた野菜を提供すること。農薬や化学肥料を極力使わずに、自然に備わった力を活かす野菜づくりにこだわっています。

 

イヌリンを豊富に含む「菊芋パウダー」

今回、ノウカスからお届けするのは「菊芋パウダー」です。
菊芋とは、ごぼうの風味とレンコンのようなサクサクした食感を持つ野菜。その特長は、「イヌリン」と呼ばれる水溶性の食物繊維を豊富に含んでいること。「イヌリン」には、糖質の吸収を抑え、血糖値の上昇や、腸内環境を整える働きがあると言われています。そんな、菊芋のイヌリンを手軽に摂取できるようパウダー状に加工したのが「菊芋パウダー」です。
ノウカスでは、加工にもこだわり、通常の倍以上をかけて低温で乾燥させ、栄養成分を壊さないよう工夫しています。

 

食べ方色々! 手軽にイヌリンを摂りたい方におすすめ

お味噌汁や、お米の炊飯時などに混ぜるのが、オーソドックスな食べ方。きなこと菊芋パウダーを混ぜて、はちみつをかけてトーストにして食べるのも腸活や美容意識の高い女性に人気なのだそう。もちろん、普段、召し上がっているものに振りかけるだけでもOK。「パウダータイプだから、色々なものと一緒に手軽に栄養を摂ることができます」(鈴木さん)

 

つくり手さんからのメッセージ

原材料から出来るだけ自社栽培を心掛け、こだわり加工で加工品の製造を心掛けています。

おすすめ記事

Recommended Article